目次

トレチノインは万能美容成分である

トレチノインとはなのか聞いた事があるでしょうか。
正式名称はトレチノイン酸と呼ばれ、一般的にはニキビを始め、シミの治療薬として使用されているものです。
よくハイドロキノンと似た成分として紹介される事もありますが、厳密に言うと両者には違いがあります。
ハイドロキノンは、あくまで出来てしまったシミを除去するといった目的に終始しており、その目的にピンポイントで活用するものであると言えます。
その一方で、トレチノインは、ビタミンA誘導体の一種として数えられ、上記で挙げた治療薬としての活用以外にも、肌のターンオーバーを促す効果が高いといった側面もあり、結果としてシワなどの改善といったアンチエイジング効果もある、万能美容成分です。
しかしその効果を得る為には、現在の肌が剥がれる事からスタートし、その後に新しい肌が再生し、その結果シワなどの改善へと繋がる為、およそ半年程度の期間が必要となります。
また似た様なものとして、化粧品などに含まれている成分としてレチノールといったものがあります。
このレチノールも同じくビタミンAを配合しているものの、トレチノインと比較するとその効果は100分の1にまで落ちてしまいます。
逆を言えば、それだけトレチノインの成分が強いとも言え、それ故に市販の化粧品などには配合されてはいないのです。
現時点では、医師による処方と言った形でのみ、購入する事が可能です。
その他の方法としては、海外からの個人輸入といった形となります。
しかし海外製品は刺激の強いものが多い為、これを試す場合には、比較的濃度の薄いものから使用し、できるだけ肌への負担を軽減しましょう。

妊婦はトレチノインを使えない

上記で説明したように、トレチノインは肌の若返り薬として有名な成分で、強力なビタミンA誘導体のひとつです。
トレチノインは表皮の細胞を活性化させて増殖するため、一番深い基底層から徐々に角質層まで押し上げ、表皮に溜まったメラニン色素などを排出することで、シミの治療となります。
妊婦妊婦は肌が敏感になって荒れやすく、シミが気になるので使用したいと考える人もいるかもしれませんが、使用には注意しなくてはいけません。
まず、トレチノインには内服薬と外用薬がありますが、癌や白血病に使用する内服薬は催奇性の副作用があるので、妊婦の使用は禁止されています。
また、トレチノイン自体に体内への蓄積性が見られ、投薬終了から2年は妊娠をすると危険と言われています。
外用薬での催奇性のリスクは症例がなく、現在のところ1件も報告はありませんが、皮膚から吸収されて副作用が起こる可能性もあるので、例え美容のためとは言え、子どもにリスクを背負わせることになるので控えるようにしましょう。
医療機関で使用する場合は、取り扱いの注意事項がしっかり説明されるはずですが、最近では個人輸入によって手軽に購入できるため、自分で注意事項を確認して使用しましょう。
お腹に子どもがいる間は、なるべく医薬品成分を含むものは摂取せずに、医師の指導がない限りはサプリメントの摂取も控えるべきです。
特にトレチノインは日本では未承認の医薬品となっているので、医師の指導のもと使用することで効果を発揮しますが、自己判断で使用していると思わぬ副作用が起こるので注意して使っていきましょう。

トレチノインが肌に強すぎる場合は美肌サプリメントを

トレチノインは効果が強く出たり、皮向け期間があったりと、不安に思った場合は、一度サプリメントを試してみるのがいいでしょう。
サプリメントで美肌を目指す際には配合成分をよく確認しながら選ぶことが大切です。
そして効果的に利用する為にはシミやくすみなどの原因も考え、目的別に選ぶようにするのもポイントです。
シミやくすみの原因になるのがストレスや紫外線などですが、これらの影響によって活性酸素が増加すると言われています。
そしてメラニン色素を作り出すメラノサイトが活性化し、メラニンの量が増えてシミやくすみとなって現れます。
このタイプへの対策法としてはビタミンAやビタミンE、ビタミンCといったビタミン類が有効です。
これらの成分は活性酸素の除去に有効であり、肌の代謝を高めて美白に役立ちます。
乾燥によってもくすみがちな肌になってしまいますが、乾燥が原因の場合は保湿効果を高める為にもオメガ3系脂肪酸が有効とされています。
オメガ3系脂肪酸の代表と言えばDHAとEPAですが、これらの成分は細胞膜を形成する上でも欠かせない存在であり、乾燥から肌を守ってくれますし、乾燥を改善することによって美白肌を手に入れ易くなるのです。
血行不良も肌の明るさを奪ってしまう原因ですが、このタイプの場合は血流を良くしてくれるような成分を配合しているサプリメントが有効です。
有名なのがイチョウ葉エキスやショウガ成分ですが、これらのら成分には血管を拡張して血流をスムーズにする働きがあります。
また、先にも登場したEPAも血流をスムーズにしてくれると言われていますので、サプリメントに配合されていることが望ましい成分の一つです。
美白用のサプリメントは色々ありますが、美白に有効だからと闇雲に取り入れるよりも目的に合わせて選ぶことでより効果的に活用することができるはずです。