2018.01.11更新

トレチノインの吸収を促す中年層向けマッサージ

トレチノインを使用する場合、大切なのは塗った量に対する吸収量で、十分に浸透しなければ浸透しません。
しかし、人の肌は中年ともなれば、水分の吸収力は低下するので、結果的にトレチノインの吸収率も減少します。
ただ、トレチノインを塗る時に、中年層向けのマッサージを行えば、十分に吸収を促す事が可能です。
マッサージのコツは、一度にトレチノインを擦り込むのではなく、回数を分け時間をかけて吸収を促す事がポイントです。
トレチノインとマッサージに必要なのは手で、それ以外の道具は必要ないといえます。
マッサージ前の準備は、患部を洗って清潔さを保ち、マッサージに使用する手の平や指先も洗っておく事が重要です。
先に洗浄を済ませておけば、トレチノインの吸収を阻害する汚れや皮脂が取り除けますし、スッキリとした気持ちでマッサージを始める事が出来ます。
マッサージの具体的なやり方は、トレチノインの適量を手にとって、気になる部分に薄く塗り広げる事が第一段階です。
次に、肌全体へ広がったトレチノインは、手の平全体を使って浸透を促します。
手で適度な圧力をかければ、浸透力が低い中年層の肌でも、少しずつ時間をかけて吸収する事が特徴に挙げられます。
また、予め手の平を擦り温めておけば、気持ちと肌に心地良さとリラックス感を与える事が出来ます。
肌が温かさを感じとってリラックスした状態は、マッサージ効果を高めるだけではなく、有効成分の浸透性を高める切っ掛けになります。
一方、中年になると年輪ともいえるシワが増えますが、この部分も指先でケアする事が美しさに繋がります。
他の部分と同様に、クリームを指先にすくい取って、シワの窪みと盛り上がりの両方に塗り込む事が効果的です。
注意点は力任せにしない事、摩擦や爪で肌に傷付けない点で、中年はある意味肌がデリケートであると自覚する事も大切です。